BACK!

 

 

予備・概略設計をサポート。
技術者の創意を反映し、測量〜設計へのスムースな移行を約束します。

 

 速やかなルート選定を実現
   ルート選定を効率よく行う為に地形図の三次元化は必須。
   何案及ぶ検討ともなれば、手作業での検討は技術者の労力を増すばかりです。
   G-FORCEなら、設計に必要なエリアを一括ベクタ変換。
   高さ付けにおいても、等高線・現道・がけ面・畑などの図面要素に応じたコマンドを用意している為、現地に忠実な地形作成が可能です。
   また、三次元化されたデータはいつでも任意断面を抽出できる為、ルートに対する切り盛りの判別がしやすく、
   設計効率の大幅アップを約束します。

 IP検討〜縦横断作成まで広がる操作性
   ユーザーの要望に応え、IP検討、ペーパーロケーション機能を新たに搭載。
   G-FORCE内での縦横断作成はもちろんのこと、作成されたデータをDXFファイルで出力することもできます。
   これまで道路専用システムを所有していなかったユーザーにも広くその窓口を開き、
   さらに便利に、さらに技術者のバックアップを図ります。

 造成計画等の鳥瞰図化ツールとして
   道路設計等の基盤としての三次元化だけでなく、宅地・公園造成等の計画を鳥瞰図化する際のツールとしても。
   これらのデータはG-FORCE内の3Dビュワーで確認できるほか、DXF、SIMA等の外部ファイルにて
   3Dモデリングシステムへの応用へと発展できます。

 鳥瞰ビュワー搭載
   高さ入力がされたデータであれば、3Dビュワーを利用して鳥瞰図が作成できます。
   地形の状態がリアルに確認できる為、設計検討が行いやすいほか、
   計画データとの合成も可能なことから、打ち合わせや営業資料としても活用できます。